通販で電動工具やベアリングなどを購入|オフィス改装でビジネス快爽

工事

汚泥を抑制する

Construction

最近では、食品工場、ホテルや飲食店などの厨房などの多くの施設では、いつもたくさんの油分を含んだ排水があるので、処理をしないといけません。しかし、処理をするときに多くの汚泥が発生してしまい、その分処理の負担費用が大きくなってしまいます。そこで油処理剤を利用して排水に含まれている油分を処理して汚泥の発生量を抑制することが大切になります。そうすることで処理にかかる費用を大幅におさせることができ、費用を削減することができるのです。この油処理剤は、いろいろな企業で販売されているので、一度導入を検討することが大切でしょう。

多くの施設で使われている油処理剤は、いろいろな種類がありますが、納豆菌と同じ有用菌を原料としている粉末状の製品があります。これらを使用することで簡単に油分を処理することが可能です。菌を有効に活用して油分を処理するのですが、休眠しているので、30℃から40℃くらいのぬるま湯で薄めて投入するだけで油処理をすることができます。簡単に使うことができるので、どの施設でも導入ができるでしょう。

油処理剤を導入するときには、いくつかのポイントがあります。油処理剤を導入するときには、効果について知っておくことが大切です。油分処理剤を利用すると油脂を排水から効率よく分離することが可能です。汚泥の発生を抑えることができますが、使う油処理剤によって即効性や分離効果、汚泥発生量の抑制効果にばらつきがあります。製品を選ぶときには、汚泥処理にかかるコストや効果を考えて選ぶことが大切になるでしょう。